フォト
無料ブログはココログ

« 本能をゆさぶる香りの会のご案内 | トップページ | 愛さずにはいられない香り♡ »

2016年6月27日 (月)

甘い香りの魅力♡

「甘い香りは、セクシーでかわいくて温かい」 

よくある香りのオーダーの中で、
  「甘い香り」を作って欲しい言われます。 

Photo

...

 
基本的にアロマセラピーで使う精油の中で、

「甘い」と表現されるものは少なくて
、バニラとベンゾインぐらいです。
 

実は、こういった、100%植物のみで構成される香り成分で
甘みを表現できるのは、少ないのです。 
 
市販の香水であるのは、、合成の香料をつかって
甘い香りづけをしています。 
 
車の芳香剤やコロンや柔軟剤で、甘いココナッツ系とかバニラ系の香りは、
植物のみでは表現するのは、難しいですね。(人工香料バリヴぁリっす)

そして

甘さといっても表現は様々で、

花系のローズやジャスミンなどの華やかさの中の甘さや、
オレンジやマンダリンの柑橘系の中の甘さをうまく利用して

自然界の中の、酸味や、苦味、の中の甘さを感じれるようになって
もらうと、心地よさをが全然違います。

何がいいたいのかといいますとw

そういった甘さを体験すると、人工の香りに??が出てくるかもしれない。

すなわち、香りがおよばす、人体への影響を知ることになるかもですww
   

そのへんは、こちらでお話しします(宣伝ですすいませんw
https://www.facebook.com/events/1715275005399239/

 

とういうことで、今回の甘い香り希望のブレンドは、

最後のベースノート(潜在意識とのつながり)には、しっかりとバニラの甘さを残し、
   

間のミドルで、パチュリーやフランジュパニ、ゼラニウムなどの花系と組む合わせることで、ベースの甘さを引き出すという
 

そして、最後のベースの残る時間に到達するまでは、 最初に香るトップノートでは、
まさか、この後に甘さが来るとは思えないほどの、フロラールと、柑橘の華やかでさわやかな
香りを仕掛ける!という、罠!
   

とっても楽しい甘さを表現することでできるのです。
   

そういう、香りの世界の奥深さをぜひ体感してもらいらいたいなー  
 

岡山市北区問屋町7-102-303

Neutral+

090-2295-09991

neutralian@nifty.com

« 本能をゆさぶる香りの会のご案内 | トップページ | 愛さずにはいられない香り♡ »

アロマ香水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538069/63836291

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い香りの魅力♡:

« 本能をゆさぶる香りの会のご案内 | トップページ | 愛さずにはいられない香り♡ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31